鬱病を治して元気を取り戻せ!【かかりやすい人はご用心】

鬱病を治して元気を取り戻せ!【かかりやすい人はご用心】

先生

最も多い精神病について

先生

精神的なストレス、慢性の病気、様々な薬などと遺伝要因が、鬱病になる危険性を増やします。鬱病は軽症や中等症、重症あるいは単極性、双極性や二次性鬱病に分けられ、これらの違いを知ることが最適な治療法を選ぶために大切です。

現代を代表する心の病

悩み

鬱病というものは、今の社会では深刻な心の病気として、問題視されています。 しかしそれは、外部から判断する事は困難なので、もしその兆候らしきものが見られましたら、素人判断はせず、すぐにでも専門家に診断してもらうべきでしょう。

心の病気

元気になる

鬱病は自分の良い性格の裏返しの病気です。この病気を予防するためには上手に気分転換を図り自分自身の性格を客観的に見つめなおすことが大きな予防につながってきます。ストレスが多くなってきているときには病院への受診も検討しましょう。

どんな病気なのか

鬱

鬱病というのは、気分の落ち込みが特徴的な病気です。発症すると全てを悲観的に考えてしまう他、体にも様々な症状が現れてきます。その中でも分かりやすいのは、食欲の減退でしょう。鬱病を発症した人の中には、食欲がわかないというよりも「食べる気力がない」と感じる人も少なくありません。食欲というのは精神的なことが影響することも多いものですので、そう感じて食べなくなるのは自然なこととも言えます。とはいっても、食事はすべてのエネルギーの素となります。食事をしないことによって体力は衰えますし、それに伴い気力も更になくなっていってしまいます。逆に言えば、食欲が戻れば鬱病の症状も緩和されるというわけです。そこで利用したいのがマッサージです。体には様々なツボがありますので、マッサージによって食欲のツボを刺激するのは効果的なのです。しかもリラックス効果もありますので、精神の安定にも繋がります。但しこれは、自分が安心できる場所で行うことが大切なのです。ですので出張マッサージなどを依頼し、自宅で行うのが良いでしょう。もしも他人に触られたくないといった場合には、自分でツボ押すだけでも効果はあります。それすらも辛いならば、どこでも良いので体を擦るようにします。こうした外部からの刺激というのは、精神を落ち着かせる効果があるのです。即効性といった面では欠けますが、気持ちが落ち着いてくるのと同時に食欲も出てくることが多いのです。また鬱病というのはそのままにしていると症状が悪化してしまうケースもあるので、早めに心療内科や精神科に行って検査を受けたり治療を受けたりしましょう。うつ病でも体に何らかの症状が出ていたら心療内科、体には特に何もないけれど、精神的に不安定な部分があるのであれば精神科を受診するとスムーズに対応してくれます。

鬱病は心の風邪と呼ばれることもあるほど、誰しもがかかる可能性のある病気です。とは言っても、実はかかりやすい人の特徴というものがあります。その代表的なものとしては、「明朗で社交的」「話好き」「世話好き」といった性格があげられます。一見、鬱病とは無縁に思えるほど外交的な性格なのですが、ドイツの精神医学者によって証明されていて、性格類型の1つで循環気質とされているのです。こうした循環気質というのは、高揚状態と憂鬱状態とを交互に繰り返すといった特徴があります。鬱病というのは躁病とセットになっていることも多く、こうした交互に繰り返す気質が鬱病を発症させやすくすると言われているのです。とはいっても、こうした性格だから必ず発症するというわけではありません。なりやすい気質というだけで、鬱病になるには他にも様々な要因が複雑に絡みあっていることがほとんどなのです。そのため鬱病の初期症状が見えたときには、意識的に気分転換をすることで防ぐことが可能です。初期症状というのは不眠や食欲減退などの他に、朝に特に調子が悪く、午後になるにしたがって回復してくるといったものがあります。近年では、軽い症状が長期間にわたって続くタイプの鬱も増えてきています。そのため自分でも鬱だと気づかずに、無理をしてしまう人も少なくありません。そうした状態を続けていると、何かのキッカケで急激に症状が悪化してしまうこともあるのです。ですので、特に何もないのに気分の落ち込みが続く場合には、何もせずにゆったりとした時間を作るようにすると良いでしょう。あるいはカウンセリングを病院で受けて、悩みを打ち明けることも行っていくと、より心が落ち着くでしょう。